ホームステイ先への手紙 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド

ホームステイ先に親からあいさつの手紙(例文)

子供さんが留学するとき、ホストファミリーに親から挨拶の手紙を送ることは、私は不要だと思っています。
(>>「娘(息子)のホームステイ先に挨拶の手紙…は不要です!」)


でも、どうしても書きたいという方がとても多く、頼まれて例文を作りました。

大して上手な英語ではないですが、手紙を出される方はご参考程度にご覧ください。

スポンサードリンク


文例


Dear Mr. and Mrs. Atokins,
(アトキンス様、奥様へ)

I am Miyako's mother. 
(私はミヤコの母です。)
※Helloなどは入れません。

I appreciate your kindness to accept my daughter as a host parents.
(ミヤコのホストマザー・ホストファザーになっていただき、ありがとうございます。)

She is so excited about the stay with you.
(彼女はお宅に滞在させていただくのをとても楽しみにしています。)

This is her first trip to the UK;
(彼女はイギリスに行くのはこれが初めてです。)

I hope she will have good time in London.
(彼女がロンドンで良い時間を過ごすことができればと願っています。)

Her English is not very good.
(彼女は英語がうまくありません)

I hope she will do her best in learning English.
(しかし、英語の勉強に精いっぱい取り組んでくれたらと思っています)

My e-mail adress is XXX@XXX
(私のメールアドレスはXXX@XXXです。)
※メールアドレスを知らせておけば、緊急時などに向こうから連絡できて便利かと思い、書きました。(電話番号は学校が連絡してくれますが、時差があって現実的ではないので)

Please contact me if anything happens.
(もし何かありましたらご連絡ください。)

Thank you again for your kindness in advance.
(たいへんお世話になります。重ねてお礼申し上げます。)

Best Regards,
Kimiyo Yamada

※かつて語学学校で「Sinceryはビジネスっぽい手紙に。Best regardsはperson to personで改まった感じのときに」と習い、このように書きました。

おこづかいは現金で持っていきますか


さて、出発前に現地のお金を準備されると思いますが、大きなお金を現金で持たせるのは心配ですよね。

今は、海外専用プリペイドカード を持たせるのが一般的です。

中学生、高校生でも使えて、実は為替レートは現金やクレジットカードよりもお得なんです!

詳しくはこちらで説明していますので、よろしければご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓

現金は危険!海外旅行向けプリペイドカードがおすすめな理由


スポンサードリンク


このブログの全記事はこちらから

このブログの全記事一覧

こちらの記事もよろしければどうぞ

»語学留学の持ち物 全リスト(長期滞在) 
»どんな家がホームステイ先?
 »語学留学に持って行ったスーツケース
»ホームステイ先には期待しない
»娘(息子)のホームステイ先に挨拶の手紙…は不要です!
»「英文手紙の書き方の本」は役立ちました! 
 

 


2013.06.19 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

娘(息子)のホームステイ先に挨拶の手紙…は不要です!

このブログを始めてから、

「高校生の娘(息子)のホームステイ先に挨拶の手紙を
書きたいが、どうすればいいか。文例を教えてほしい」

というご質問を何度かいただきました。

私は、そのような手紙は必要ないので
書かなくていいですよ、とお伝えしています。

書かれる方のために、一応、こちらの記事に例文を載せていますが、
必要ないと思う理由を書かせていただくので、

できれば最後までお読みください。

スポンサードリンク


手紙は本人からのみでOK


ホストファミリーに留学前に手紙を出すのは
本人だけでOKだと思います。

英語力がどの程度か知っておいていただく意味もあるので
お子さんの英語力で書ける限りの手紙を書けば十分です。

※私が出した手紙はこちら(ご参考程度に)
→「ホームステイ先に出したあいさつの手紙(文例)」)

親からの手紙が混乱を生む


親からホストファミリーに送る手紙としては
こんな内容をお考えではないかと思います。

(1)「娘(息子)を滞在させてくださり、ありがとうございます」
(2)「娘(息子)はホームステイをとても楽しみにしています」
(3)「ご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いします」
(4)「何か問題があればお知らせください」


この4つのうち、(1)(2)はともかくとして
(3)(4)の内容の手紙が届いたら、ホストファミリーは

「その子を受け入れて大丈夫なのか?」と
すごく不安になり、混乱すると思います。

ホストファミリーは保護者ではありません


ホームステイ先では、未成年でも、
十分な判断力を持った個人として扱われます。

お子さんのしつけは、ホストマザー(ホストファザー)の
仕事ではありません。

ホストファミリーは、宿泊先を提供してくれるだけで
保護者ではないのです。

謙遜は通じません


また、一般に欧米人に(3)のような謙遜は通じません。

(3)のように「ご迷惑をおかけするかも」と書いてあったら

「じゃあ、迷惑をかけないように教育してから来させてほしい」
「とんでもない非常識な子が来るのではないか?」

とホストファミリーは思うでしょう。

問題があれば語学学校が対応


(4)のリクエストも、おそらくホストファミリーにとっては
意味不明だと思います。

問題があったら、ホストファミリーはまず本人に
注意するでしょうし

それでも直らなければ、語学学校にクレームして
その子に家を出てもらう交渉をするだけです。

滞在中の手紙ならいいかも


そういうわけで、私は親からの手紙は不要だと思っています。

どうしても出したいということであれば、(1)(2)程度の内容の
簡単な手紙をお子さんの手紙に同封して送ることをおすすめします。

そして、滞在中、何かお世話になった話をお子さんから聞いたら
そのことについてお礼を書かれるのがいいのではないでしょうか。

それでも手紙を出される方へ


そういうわけで、私は親からの手紙はいらないと思うのですが
「どうしても出したい」と言われたことがあり

文例を作りました。(下手な英語ですが、ご了承ください。)

ホームステイ先に親からあいさつの手紙(例文)

また、ホームステイ中の心構えについては、以下の記事もぜひどうぞ。

どんな家がホームステイ先?
ホームステイ先には期待しない
こんなホームステイはクレームしていい

スポンサードリンク


2013.05.31 Friday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

ホストファミリーに帰国後出したお礼の手紙

ホームステイ先に、日本に帰国後出した
手紙(お礼状)のサンプルです。

大して上手な英語ではなく、恥ずかしい内容ですが
文例のご参考程度にご覧ください。

スポンサードリンク


-------------------------------------------------
Dear Nancy,

How have you been?
(お変わりありませんか?)

I hope you are fine.
(お元気でいらっしゃることと思います。)

I returned Japan on 1st September.
(私は9月1日に日本に戻ってきました。)

I wish I could have written to you much sooner.
(もっと早くお手紙を書かなければと思っていたのですが。)

Sorry for that.
(遅くなって申し訳ありません。)

I have been busy these days, as I have to prepare for the exam.
(ここのところ、試験の準備で忙しくしていました。)

I really appreciate your support and kindness during my stay.
(滞在中のサポートとご親切に感謝しています。)
※supportはふつう単数形で使われます。

I could study hard and always feel relaxed.
(集中して勉強でき、いつもリラックスしていることができました。)

My English could not be improved without you!
(あなたの助けなしにはこんなに英語は上達しませんでした!)

I miss you and the lovely chicken sandwiches you made.
(あなたと、あなたの作ってくれたチキンサンドイッチがなつかしくて仕方ありません。)
※イギリス人はloveryという単語をよく使いますよね。

So two months passed so quickly.
(二か月は、あっという間でした。)


The best memory in Brighton was that we went to the flower garden in XX.
(ブライトンでの一番の思い出は、XXの庭園にご一緒したことです。)
※週末にホストファミリーに車で連れていってもらいました。

It was the most beautiful scenery I had ever seen.
(私がこれまでに見た中で一番美しい光景でした。)

I have enclosed the photo I took there.
(そのとき撮った写真を同封します。)

Please tell Jany that I miss her.
(ジェニーによろしく伝えてください。)
※その家の娘さん、独立して他所に住んでましたが毎週顔を見せていました。 I want to visit UK in winter next time.
(次回は冬にイギリスに行きたいです。)

I hope you take good care of yourself.
( お体にお気をつけて )


Best Regards,
Miyako

-------------------------------------------------


ところで、語学留学の持ち物の中で、
思いがけず役立ったのが「英文手紙の書き方の本」でした。

役立つ場面が多数ありましたので、荷物重量に余裕があれば
ぜひ持っていくことを検討してください!
↓  ↓  ↓
『英文手紙の書き方の本』は役立ちます!

スポンサードリンク


2013.04.05 Friday|comments(1)trackbacks(0)|-|-

ホームステイ先に出したあいさつの手紙〜ホストファミリーが決まったら〜

ホストファミリーが決まったら、あいさつの手紙を出します。
私の出した手紙の文例をご紹介します。

(それ以外の文例をお探しの方はこちらをどうぞ。)

親からホームステイ先へのあいさつの手紙
帰国後にホームステイ先に出したお礼の手紙

スポンサードリンク

 

語学学校から指示がありました

「生徒から先に出すように」と指示のある学校もあれば、「ホストマザーから手紙が来るから返信を」という学校も。

最近は、Eメールで連絡することも多いようです。

ホストファミリー側も「どんな人が来るのかな?」と心配なはず。

こちらの英語力もわかってもらえますので、ありのままの英語力で書くのが良いと思います。


以下は私が出したごあいさつの手紙です。
文法も内容も不十分な気がしますがご参考程度にどうぞ。


Dear Mr. and Mrs. Atkins,
(アトキンス様へ。)
※家族構成を見て、旦那さんがいるとはっきりしていたのでMr.も。

分からなければMrs. XXXにすると思います。

I am Miyako Yamada. 
(私はヤマダミヤコです。)
※"I'm"など略すのは、略式なのでやめておきます。

I am scheduled to study English at XXX language school from 2nd December to 14th December.
(私は12月2日から12月14日まで、XXX語学学校に通う予定です。)
※イギリス英語だと、日付は日-月の順が自然です。

Thank you very much for offering your home while I am staying in Leeds.
(私のリーズ滞在中、受け入れていただき、ありがとうございます。)

I am 19 years old, studying literature in the university.
(私は19歳で、大学で文学を学んでいます。)

This is my second visit to the UK. 
(イギリスを訪問するのは二度目です。)
※初めてなら"my first visit"ですね。

Last time I stayed Liverpool for three weeks.
(前回はリバプールに三週間滞在しました。)

I have been excited for staying the UK again!
(またイギリスに滞在できることで、ワクワクしています!)

I am arriving at Heathrow Airport around 6:30 AM on 1st December.
(私はヒースロー空港に12月1日の朝6時30分に着く予定です。)

Then I will take coach to Leeds.
(その後、長距離バスでリーズに向かいます。)
※イギリス英語では、長距離バスはbusではなくcoach。

The flight number is JL 0000.
(フライトナンバーはJL 0000です。)
※遅延や事故に備えて、念のため。

I will reach Leeds around 3 PM.
(リーズには、午後3時くらいに着くと思います。)

Could you please let me know the way to your home from the coach station?
(バス停からあなたの家までの行き方を教えていただにけませんか?)
※迎えに来ていただける場合も多かったです。

My hobby is visiting historical places.
(私の趣味は、歴史的な場所を訪ねることです。)

I like staying with children.  So I have been excited for playing with your children.
(私は子供が好きです。あなたの子供さんたちと遊べるのが楽しみです。)
※このときは家族構成が書かれた紙が語学学校から送られてきて、家族構成を知っていました。

I am looking forward to meeting you soon.
(お会いできるのを楽しみにしています。)

Best regards,
Miyako Yamada

※かつて語学学校で「Sinceryはビジネスっぽい手紙に。Best regardsはperson to personで改まった感じのときに」と習い、このように書きました。


ところで、語学留学の持ち物(全リストは→こちら)の中で、思いがけず役立ったものの一つが「英文手紙の書き方の本」でした。

役立つ場面が多数ありましたので、荷物重量に余裕があれば、ぜひ持っていくことを検討してください!
(「
英文手紙の書き方の本」は役立ちます!
」参照)

スポンサードリンク

 


このブログの全記事はこちらから

このブログの全記事一覧
 

 


2010.04.22 Thursday|comments(4)trackbacks(0)|-|-
1
Copyright © ホームステイ先への手紙 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用はご遠慮ください