発音記号の一番カンタンな覚え方~出発前にすべき勉強~ | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド

発音記号の一番カンタンな覚え方~出発前にすべき勉強~ | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド 記事一覧

発音記号の一番カンタンな覚え方~出発前にすべき勉強~



大学で英語を教えている知人と話していて
「発音記号の読めない学生が大半」と聞き
びっくりしてしまったのですが・・・。

最近は音声つき電子辞書もありますが
語学留学前には発音記号の勉強をお勧めします。

留学先で学ぶより、日本語で説明されたほうが
頭に残りやすい内容だと思うからです。

私が発音記号を暗記した方法は以下の通りです。


スポンサードリンク

発音記号の学びかた


特殊な読み方をする以下13個の記号以外は
ローマ字と同じです。

θ=舌先を上下の歯で軽くはさんだ「ス」の音(例:thing[θíŋ])
ð=舌先を上下の歯で軽くはさんだ「ズ」の音(例:that[ðǽt])
ʃ=「シュ」の音(例:shock[ʃάk])
ʒ=「ジュ」の音。ʃを濁音にする(例:usually[júːʒuəli])
tʃ=「チュ」の音。(例:chance[tʃǽns])
dʒ=「ヂュ」の音。tʃを濁音にする(例:Japan[dʒəpǽn])
ŋ=「ング」の音。(例:thing[θíŋ)
j=「ヤ」行の音(例:young[jʌ́ŋ])


ǽ=「ア」と「エ」の中間
(例:cat[kǽt])
ʌ=明るい「ア」(例:sun[sʌ́n])
ə=「ア」
έ=「エ」
ɔ=「オ」
(例:horse[hɔ́ːrs])


これにアクセントと調音の記号を覚えたら完璧です。

'=アクセント(例:interst[íntərəst]
ː=音をのばす(例:morning[mɔ́ːrniŋ])


「厳密にはちょっと違う」と言われるかもしれませんが
私はこの程度の覚え方で、問題を感じたことはありません。

事前に勉強は必要か?について


語学留学前に勉強は必要ない!と書いているのに、
会話はやっていくと良いとか、文法用語は覚えていこうとか
「結局勉強が必要ってことじゃない?」と突っ込まれそうですが……。

やっておくと、現地での学習の効率が上がると思います。時間があればぜひ。

スポンサードリンク


2013.05.28 Tuesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 発音記号の一番カンタンな覚え方~出発前にすべき勉強~ | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用はご遠慮ください