残ったドル・ユーロ・ポンドの硬貨はどうする? | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド

残ったドル・ユーロ・ポンドの硬貨はどうする? | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド 記事一覧

残ったドル・ユーロ・ポンドの硬貨はどうする?



海外からの帰国時、使い残した現地のお金をどうするか
ということにはいつも頭を悩ませます。


というのも、私の親が二十年近く前、ヨーロッパを旅行し
フランとか、オーストラリアシリングとか、マルクとか

面白がっていっぱい持って帰ってきたのですが
ユーロへの切り替えで、無価値になってしまった・・・

という苦い経験があるからなのです。

スポンサードリンク


私は空港で使い切る


私は、紙幣・硬貨とも空港で使い切ることに決めています。

次回いつ渡航するか分からないし、自宅に置いておくと
紛失のおそれがあるからです。
(単にジャマだっていうのもある。)

ただ、空港まではある程度の現金が急に必要になる
場合もありますので、日本円にして3000円〜5000円ぐらいは
財布に残しておきます。

使い切るコツ


空港の売店で使い切るコツとしては、「日本の友人への
おみやげは空港で買う」と決めておくことでしょうか。



ぴったりの値段のものが見つからなくても大丈夫です。

手持ちの現地通貨より高いものをレジに持っていき
紙幣・硬貨に添えてクレジットカードをさし出すと、

不足分のみカードで精算してくれます。

残さない工夫が大切


現金で日本に持って帰ると、紙幣であれば一応
両替してもらえますが、とても不利なレートになります。

滞在期間が終わりに近づいてきたら、多額の現金を
残さないよう、注意することでかなりの節約になります。

スポンサードリンク


2014.04.22 Tuesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 残ったドル・ユーロ・ポンドの硬貨はどうする? | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用はご遠慮ください