現金は危険!海外旅行向けプリペイドカードがおすすめな理由 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド

現金は危険!海外旅行向けプリペイドカードがおすすめな理由 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド 記事一覧

現金は危険!海外旅行向けプリペイドカードがおすすめな理由

留学中のお小遣いってどうやって持っていきますか?

 

昼食代、交通費、家へのおみやげ・・・。

 

特別なことがなくても月2〜5万円はかかります。

 

4週間を超える語学留学の場合は、すべて現金で持っていくのはちょっと危険!

 

こちらの記事にも書いたように、海外では大きなお金を持ち歩くのはおすすめできません。

 

[参考] 財布に現金は60ポンドまで! それ以上は危険です

 

じゃあ、現地で口座開設してそこに送金するの?

トラベラーズチェックやクレジットカードのキャッシングを使うのかな?

でも、クレジットカードは使いすぎが心配・・・。

 

そう迷われるかもしれませんが、今は他にも便利な仕組みがたくさんあるんです。

 

実は、クレジットカードよりもお得だったりもします。

おすすめ順にご紹介しますので、ぜひ賢く利用してください!

 

1位:キャッシュパスポート (プリペイドカード)

イチオシなのは、プリペイドカードの「キャッシュパスポート

 

 

一見クレジットカードのようですね。

 

お店でもクレジットカードと同じ使い方をします。

(レジでカードを渡すと、サインや番号入力で支払ができます。)

 

違うのは、キャッシュパスポートは「前払い」だという点。

 

事前にチャージした金額だけしか利用できません。

 

じゃあ足りなくなったらどうするの?と思われるかもしれませんが大丈夫。

 

日本にいるご家族に入金してもらえばまた使えるようになります。

 

キャッシュパスポートのメリットは以下の通りです。

 

【キャッシュパスポートのメリット】

 

・入金手数料1%

・為替手数料無料(カードで指定した通貨で引き出す場合)

・未成年でも利用可能(0歳から)

・スペアカード発行あり(紛失時に安心)

・Tポイントが貯まる

 

現在、海外に行く学生さんのほとんどが、プリペイドカードを持っています。 その中でも圧倒的なシェアなのが、キャッシュパスポートです。

 

キャッシュパスポート申込ページへ

 

2位:マネパカード(プリペイドカード)

キャッシュパスポートとほぼ同じ仕組みです。

 

【マネパカードのメリット】

 

・手数料0.7%となり最安!

・未成年でも利用可能(15歳から)

 

ですが、以下のデメリットがあり、2位となりました。

 

【マネパカードのデメリット】

 

・本人名義でなければ入金出来ない(本人の口座を親が操作すればいいのですが…)

・入金手続きをWebで行う点

・スペアカードが発行されない点(再発行手数料1,080円)

 

この点に問題を感じないなら、手数料が安いマネパカードが一番!

 

未成年にはキャッシュパスポートが安心ですが、大人の方ならマネパカードがおすすめです。

 

マネパカード申込ページへ

 

 

3位:VISAデビット(デビットカード)

 

銀行口座残高の範囲でクレジットカードのように使えるのがデビットカード。

 

VISAのマークのあるデビットカードなら、海外でも利用できます。

 

(J-Debtのデビットカードは海外では使えません。JCBのデビットカードは海外でも使えますが、使える店舗が少ないので注意が必要です。)

 

4位:ネオマネー(プリペイドカード)

1位のキャッシュパスポートと同じ仕組みです。

 

キャッシュパスポートがMaster Card系列なのに対し、ネオマネーはVisa、銀聯系列です。

・為替手数料4%

 

5位:マネーティーグローバル(プリペイドカード)

 

キャッシュパスポートと同じ仕組み、Visa系列です。

・為替手数料5%

 

6位:プレスティア銀行=旧シティバンク(銀行キャッシュカード)

 

プレスティア銀行に口座開設し、日本円で入金しておくと、海外のATMで現地通貨で引き出すことができます。

 

プリペイドカード普及以前は、海外留学する学生への送金手段の定番でした。

 

1000万円単位のお金を入金される予定でしたら、手数料がかなりお得になると思います。

 

(廃止)トラベラーズチェック

20年ほど前は、海外旅行といえばトラベラーズチェックでした。

 

海外専用プリペイドカードの普及により、2014年に日本国内での販売は終了となりました。

 

結論:海外専用プリペイドカードが得で便利!

いまや、海外旅行や海外出張のときには、クレジットカードと一緒にプリペイドカードも持っていくのが普通になりました。

 

以前は「クレジットカードが一番トクなんでしょ」と思っていたんですが、実は違うんです!

 

一般的なクレジットカードでは「為替手数料」「海外事務手数料」などの名称で、利用額の1.6%程度が手数料等のコストとして加算されています。 

 

それを知って私もキャッシュパスポートマネパカードを申し込みました。

 

海外に行くときはいつも、クレジットカードとキャッシュパスポート、マネパカードを持って行っています。

 

海外専用プリペイドカードを知らない方も多く、もったいないなあと思ってしまいます。

 

ぜひ申し込んで、トクしていただきたいです!

 

キャッシュパスポート申込ページへ


スポンサードリンク

 


2017.06.24 Saturday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 現金は危険!海外旅行向けプリペイドカードがおすすめな理由 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用はご遠慮ください