お勧め本 栄陽子著「留学で人生を棒に振る日本人」その4 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド

お勧め本 栄陽子著「留学で人生を棒に振る日本人」その4 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド 記事一覧

お勧め本 栄陽子著「留学で人生を棒に振る日本人」その4

「留学で人生を棒に振る日本人」その3からの続きです。

留学やワーキングホリデー(ワーホリ)を希望されている方は
下のチェック項目を見てみてください。

当てはまる方に、ぜひ読んでいただきたい本です。



こんな留学は危険!チェックリスト


□本人より親のほうが留学に熱心だ。
□留学の目的は「英語がペラペラになること」だ。
□ハーバード大に進学しやすいアメリカの高校を探したい。
□アメリカ在住の親戚がいるので、その都市に留学したい。
□英語力に自信がなく、まず大学付属の語学学校に通うつもりだ。
□留学エージェントは怪しいので、NPOに仲介してもらうつもりだ。
□アメリカ留学するなら、私立大より公立大がいい。
□日本で良い大学に入れそうにないので、留学で一発逆転したい。

どれも、この本を読むと、「あ、違うのか」と分かります。

私なら大学院からの留学を勧めます


ところで、もし私の近くに、留学を真面目に考える高校生がいたら
私ならどんな進路を勧めるか考えてみました。

著者の勧めるリベラルアーツ・カレッジも確かに良いと思います。

しかし、私は、外資系に勤めて周囲を見た経験から、

「まず日本の大学に進んで、その後も
やる気があるなら、大学院で留学したら?」


とアドバイスするような気がします。

理由は以下の通りです。

アメリカは大学院社会なので、大学で留学しても
 その後多くの学生は当然のように大学院に進学する。
 ↓
 大学院からの進学でも遅くない。

・リベラルアーツ・カレッジ卒は
 日本では無名大学卒扱いされ、日系企業への就職は難しい
 ↓
 日本でそこそこの大学を出ておけば、
 大学院から留学しても、その後の選択肢が広がる。

・大学教育(学部4年間)では、日本の教育内容の方が高度

・日本の大学に進学すれば、大学院で留学する際に
 研究室の推薦や、奨学金がもらえる場合がある。

生き方の問題かもしれません


こう見ると、大学で留学するか、大学院で留学するかは
生き方の選択の問題なのかもしれません。

「え〜い、アメリカに飛び込んで何かやるぞ!」と
思われる方は、大学から留学を。

「○○を勉強したい、だけどその後日本に戻るかも」と
思われる方は、大学院から留学を…

ということなのかなあ、というのが
多くの留学経験者とその後の進路をを見た
私の個人的な意見です。

中途半端な留学では、お金と時間の無駄です。

迷われる方は、留学する前にぜひ読んでみてください。



スポンサードリンク


2011.12.08 Thursday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © お勧め本 栄陽子著「留学で人生を棒に振る日本人」その4 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用はご遠慮ください