安い語学学校 vs 高い語学学校〜変わらないところ〜 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド

安い語学学校 vs 高い語学学校〜変わらないところ〜 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド 記事一覧

安い語学学校 vs 高い語学学校〜変わらないところ〜

 どうせ語学留学するなら、高い語学学校を選ぶべきです。
高い学校には価格以上のメリットがあります。
(「安い語学学校 vs 高い語学学校〜5つのメリット〜」参照)

でも、残念ながら、高い学校でも安い学校でも
違わないところはあります。

それは、実は「教師の質」。

授業料の高い学校だから良い英語講師がいる
とは限らないし、その逆も同じ。

教えるのがヘタな先生に担当されるのは
本当にアンラッキーなことですが

こればかりは行ってみないと分かりません。

 

私の体験談


私がある語学学校に通っていたとき、クラスメイトの会話に
「Lisaのクラスは楽しかったよね〜」と何度も登場する
先生がいました。

「Lisaってどの先生?」と尋ねると
「先月、他の学校に変わってしまったから
もういないんだよ」という答え。

どうやら、以前は私の学校で、パートタイム講師を
していたのですが、他の学校でフルタイムの講師として
採用され、移って行ったようです。

しかも、その異動先の学校は私の通っていた学校より
授業料の安い学校でした。

(なぜこういうことが起こっているのかは
語学学校の先生ってどんな人?」参照)

 

先生がイマイチでも心配ない



ただ、ハズレの先生に当たることがあっても
普通は、科目ごと・週ごとに担任が変わります。

良い先生に巡り合えるに越したことはありませんが
教えるのがヘタな先生に当たったとしても

「せっかくの語学留学が台無し!」というほどの
深刻な問題ではないと思います。
 

スポンサードリンク

2013.04.26 Friday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 安い語学学校 vs 高い語学学校〜変わらないところ〜 | 語学留学の準備・持ち物完全ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用はご遠慮ください